10月の工房風景


またまたお久しぶりになってしまいました。大塚です。
10月も初めの方となると、ずいぶん前の事のような気がしますが振り返ってみます。

 

特注加工

お世話になっている取引先から、金のコインを当店のリングに付けてほしいとのご依頼がありシルバーのリングにロウ付けしました。元々はピアスだったという小ぶりなコインがリングについても違和感なくおさまって、新たなアイテムとして生まれ変わりました。
お客様に喜んでいただいたとご報告があったときには嬉しかったです。

オーダーのリング
三種類を製作

 

 

在庫商品の製作

11月〜12月にかけて出店するイベントのための在庫用のものを作りました。
お買い上げいただいてそのままになってしまっているものが幾つもあって、普段はなかなかすぐには作れない事が多いのですが、イベント出店も控えていたのでこの機会に一通り作っておきました。特にリングはサイズの在庫を複数作っているので大変なんですよね。

 

真鍮で看板作り

今でもたまにこちらで販売もしているのですか?と聞かれることがあります。
確かに彫金工房という店名なので無理もありません。そこで、入ってきても大丈夫ですよというアピールのためにOPENという文字の看板を出そうということになり、どうせならということで自作しました。
真鍮の板を買ってきて糸鋸で切り抜いて製作。
形ができたら金槌で叩いて鎚目模様をつけ、板に打ち付けて完成しました。
外に置いてみると感じが良くて自分でも気に入りました。
これで入りやすくなってくれると良いのですが・・・。

オープンの看板作り
真鍮板を少し切って
オープンの看板作り
Eを切り抜き
オープンの看板作り
だいたいできました
オープンの看板作り
全ての文字を切り抜いて
オープンの看板作り
月のマークも切り抜いて
オープンの看板作り
物足りなかったので鎚目を入れ
オープンの看板作り
全部に鎚目を入れ
オープンの看板作り
ベースになる木に釘で打ち付けて
オープンの看板作り
完成しました。外において記念撮影。

 

 

10月も後半は寒く感じる時間帯も増えてきて、秋の深まりを感じました。
11月は出店するイベントも2つあって(1つはすでに終えましたが)、その準備やクリスマスの準備などで忙しくなりそうです。

11月もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す