プラチナのマリッジリングを製作しました!


こんばんは、シルバームーン彫金工房のオーナー大塚です。

先日、婚約指輪と結婚指輪のオーダーを同時にいただいて制作しました。

結婚指輪はすでにお決まりで、通常作品をプラチナで、男性用は同じものを少し幅を太くとのオーダー。
エンゲージ(婚約指輪)はまだ決まっていなかったので通常作品から気に入ったものを選んで頂きました。

ダイヤが一石入っているよくあるエンゲージリングではなくて、普段もマリッジリングと一緒につけられるようなデザインをご希望だったのですが、この考え方はとても良いと思います。普段全く着ける機会が無いからという理由で、持っているエンゲージリングをリフォームしたいという方が多いんです。それなら永く普段でも身につけやすいものの方がずっと良いですよね。

インディアンジュエリー風誕生石のイニシャルリング/細 【TOR77 BIRTH】
シルバー製のピンクトルマリンのリング(TOR77 BIRTH)

そして選ばれたこのリングをベースに、幅を少し狭く、厚みもうすくしてプラチナでお作りすることになりました。石はピンク系で迷われていたので、手持ちであったピンクダイヤをお見せしたところ気に入って下さって、これに決まりました。
実際、綺麗な淡いピンク色のダイヤはご依頼主さんの雰囲気にピッタリでした。

 

プラチナでお作りしたエンゲージリング、完成
完成したエンゲージリング

 

3週間程の製作期間を頂いて出来上がりました。普段シルバーや10金で作っているリングですが、プラチナにするとまた違う感じが新鮮でした。男性用の幅を広くしたものも存在感がありいい感じです。エンゲージリングの方もピンクダイヤの色が綺麗に活かせていて素敵でした。
とても喜んで頂いてこちらも嬉しかったです。

完成した結婚指輪
大切な記念になるリングを作らせて頂いてありがとうございました。お二人の感じが良くてリングも一層輝いて見えました。末長くお幸せに!

さっそくつけていただきました。

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す