ヘアゴム・マット仕上げ【TOH1】の嬉しいポイント3つ。


こんばんは、店長おおつかです!先日のブログ(『春の新作第一弾お取り扱い始まってます(^O^)』)で予告したとおり、新作のヘアゴムを1点ずつご紹介します~。

まずは一番シンプルな「ヘアゴム・マット仕上げ」。
ごくごくベーシックなデザインですが、シルバームーン彫金工房のヘアゴム共通の嬉しいポイントがギュッと詰め込まれた、いわば超基礎。基礎大事です!

 

嬉しいポイント1・ゆるいアールが可愛い。

真鍮の板を丸く切り出し、ゆる~くアールをつけています。この微妙なカーブがまとめた髪から飛び出さず、おさまりよく仕上がるポイントです。安価なものだとプレートがまっ平らすぎて、妙にサイドが主張してる…なんてヘアアクセサリーもあるんですよね。なので、そこは気を使いました!


他のタイプも全てこのカーブはついているので、ぜひお手にとって「これか…」と思っていただきたいポイントです。もちろんそのままレジまで「これください!」のセリフとともにお持ちいただいても結構です(笑)

 

嬉しいポイント2・マット仕上げの上品さ。

そしてパッと見はそっけないほどのシンプルさですが、程よいマット仕上げなのが上品ポイント。髪のきれいな人だったら、手ぐしでザクッとまとめただけでなんだか素敵な感じに仕上がります。頑張りすぎたおしゃれはちょっと…な風潮の中、この「なんだか素敵」って、とっても大事!

というわけで、さっそく店長もつけてみました!とはいえ、くるりんぱして二つ折りのお団子にしただけですが…手抜きっぽく見えないのがいいですね(笑)毛先はあえて飛び出したままにしてみたんですが、マット仕上げのおかげでほどよくカジュアル、ほどよく上品に。毛先をしまえば夜会巻き風のきちんとヘアのできあがりです。暗めの髪色に真鍮の金色が、まるで夜に浮かんだ月のようです。

 

朝、コテやスタイリング剤を駆使してセットすると、時間もかかるし崩れも心配。でもゴムでまとめるだけなら時間もかからず崩れにくい。楽ちん、シンプルで素敵なんてこの上なく嬉しいですよね!(不器用でズボラのくせに、ちょっとでもよく見せたいという貪欲店長です…w) 

 

 

嬉しいポイント3・ちょっとぐらいラフに扱っても大丈夫!

店長ほどの不器用で雑な人間になると、あまり繊細すぎるものは「壊しやしないか傷をつけてしまわないか…」と気を使ってしまって疲れてしまうんですが、これは多少ラフに扱ってもOKなのも嬉しいところ。ツルツル仕上げだと気になってしまう小さな傷も、マット仕上げなら目立ちにくいんです。
もちろんよ~く見たり、ガッツリ傷ついてしまえば別ですが、アンティーク風な真鍮だから、ちょっとの傷はなかなか味わい深いものですよ☺

そしてそして、ヘアゴムには必ずついて回る「ゴムが切れちゃったらどうするの!問題」も、市販のゴムが通せるのでご心配なく。結び目はできてしまいますが見えないように結んじゃえば問題なし!です。 

 

器用な方ならカシメで留めてしまえば多少見えても気になりません。ちなみにカシメってこんなの。

紐留め カシメ(amazonに飛びます)で検索するとたくさん出てきます。もちろん手芸材料店などでも売っていますので、結び目カッコ悪い!やだ!って方はチャレンジしてみてください。

 

 

まとめ。

いかがでしたか?たかがヘアゴム、されどヘアゴム。こうだったら嬉しいのにな~というポイントはしっかり抑えたつもりです!
マット仕上げ【TOH1】の…というより、シルバームーン彫金工房のヘアゴム全般の嬉しいポイントになってしまった感はありますが(笑)、マット仕上げはいちばん基本でお手頃価格なので、ひとつ持っておくと便利かな~と思います。

 

 

 

フォロー おおつか いづみ:

1975年3月28日 北海道生まれ東京育ち。 猫と音楽と家の中が大好きです。(出不精とも…笑) ネットショップと実店舗の全般的な業務を担当しています。 グリーンが大好きですが、なぜか必ず枯らしてしまうので(生物兵器と名高い、あのワイヤープランツでさえも!!)最近はもっぱらフェイクで我慢しています。

コメントを残す