M様オーダーの結婚指輪


5月の結婚指輪第2弾、M様ご夫妻のオーダー品です。

M様には当店の定番商品で、銀と10金で作っている細身の丸い線のリング、minimum-minimum muji【TOR159】をプラチナでご注文頂きました。

M様オーダーの結婚指輪
女性の方にはダイヤと彫り模様を入れて、男性の方には彫り模様のみ入れました。
細くシンプルなこのリングは確かに結婚指輪としてもいいですね。

プラチナの丸い線を用意して、丸く曲げて両端をロウ付けしリング状にします。
そして形を整えてから手作業で磨いていきます。
手作業で磨くことで地金を硬くしめることにもなり、表面の傷もつきにくくなります。
手間はかかるのですが、永くいい状態でお使い頂くには必要な工程と考えています。

その後タガネを使ってダイヤの石留め、手彫りでの模様入れをします。
リングが細いものなので、彫りもその幅におさまる繊細なものになります。
ルーペを使いながらの細かい作業です。

彫り上がったら最終の磨きを入れて完成です。
デザインは同じでも、プラチナ独特の深い輝きと、高い比重による重みで別物のような存在感があります。

とても気に入って頂けました。M様ありがとうございました。末永くお幸せに!

Mさまご夫妻
落ち着いた雰囲気のM様ご夫妻。

 

Mさまご夫妻
アップはやっぱりブレてしまいました…。ごめんなさい。でもよくお似合いです!

 

———-

一生の記念になるものをお作りさせて頂くのは、いつもの事ながら気が引き締る思いです。
一つ一つの工程を丁寧に時間をかけて、階段を一段ずつ上がっていく様に仕上げています。

お二組とも、大切な結婚指輪を作らせて頂いてありがとうございます。
完成させた指輪をお渡しして喜んで頂く様子を見ると、幸せをわけて頂いたような気持ちになって、今後も頑張っていこうという想いを改めて強くするのでした。

 

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。 シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください