ミニ金槌づくり


ミニヤットコに続いてミニ金槌です。

前回と同様に本物の金槌と同じ作りにしました。
(参考リンク:工房の道具 金槌その1 / 銀のミニヤットコ)

頭部分と柄の部分を別々に作って原型とし、それぞれの型をとり鋳造します。

 

そして吹きあがったものを一つづつくっつけて磨き、完成します。

この作りかただと頭と柄を違う金属にすることができます。
左は頭が真鍮で柄が銀(ペンダントトップ)、右はその逆です(短いチェーンをつけたキーホルダー的なもの)。

工房の象徴になる様な工具はいくつかあるのですが、形がわかりやすくて魅了的なものとしてヤットコと金槌を作ってみました。

普段使っている工具に敬意を表す意味であえて手間をかけて本物と同じつくりにしたのですが、ミニチュアの道具、工具など好きな方が多いようで好評です。

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す