5年前の特注品


こんにちは、シルバームーン彫金工房オーナーの大塚です。

5年前というとずいぶん前のことのように思います。皆さんはどこで何をされていたでしょうか。

私達は当時、町田に店舗を出していました。出店してからまだ1年も経っていない頃のことです。
高校生の男の子が店に来て特注ペンダントを頼まれました。
受験生でもある彼は、大きめで先端のとがったクロスペンダントを受験のお守りにしたいそうでした。特注品はどうしても割高になりますし、そもそも高校生でこだわったアクセサリーを特注するということが珍しかったので、とても印象に残っていました。

出来上がったペンダントをとても喜んでくれて、受験頑張ります!と笑顔で帰っていったのをずっと覚えていたのです。

その後お会いする機会もなかったのですが「前に作ったペンダントの修理をお願いできますか?」という電話があり、詳細を聞いているうちにすぐにあのペンダントだとわかりました。

後日ご来店いただくと高校生だったYさんは社会人に。5年も経つので当然なのですが、時の流れを強く感じました。あの後、晴れて大学生になったYさんは大学時代もずっとこのペンダントを着けてくれていたそうです。

ペンダントの修理は問題ないものだったので、すぐに元どおりに。これからもずっと身につけていたいと言ってくれました。

Yさん、改めてありがとうございます。店を始めて6年にもなると、こんな作り手冥利に尽きる出来事にも恵まれるんですね。

20161214-113645.jpg

 

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す