銀のチャーム作り


こんにちは、シルバームーン彫金工房、大塚です。
お店を初めてからこの七月にめでたく五周年を迎えられましたので、お客様への感謝の気持ちとして銀のチャームを差し上げています。 こんなの。記念品チャーム

今回はその作る様子を書いてみますね。     まず、普段作っている時に出る銀の端材をバーナーで熱して溶かし、一つの玉状のかたまりにします。

これを叩いて平たくし、穴をあけて基本的な形にします。

その後表面を磨いてから刻印を打ち込んで模様を入れ、ダエンカンをセットしてカンの両端を閉じるようにロウ付けします。

最後に手彫りで模様を彫って完成です。

  彫り模様を微妙に変えたりして、なるべく一つ一つが違ったものになるようにしています。
非売品なので通常の販売はしていません。
期間中は無くなりそうになったら追加で作っていますが、完全に手作りで意外と手間がかかるので、気力が続かなかったら早めに終了するかもしれません。ご希望の方はお早めにどうぞ。    

 

こんばんは、シルバームーン彫金工房の店長おおつかです。https://silver-moon.in先日こちらにも載せたシルバーチャーム。ありがたいことに大変ご好評をいただいています◎そんな「チャームができるまで」をオーナーがブログに書いてみました。Posted by シルバームーン彫金工房 on 2015年7月4日

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す