12月の工房風景+今年もありがとうございました!


こんばんは、シルバームーン彫金工房の大塚です。
12月はやっぱりというか、普段にも増して速く過ぎていった感じでした。

今月は何といってもクリスマス。アクセサリーがより注目される時期ですね。
お店もツリーなどを飾ってクリスマス仕様に。やっぱりテンション上がります。
ネットショップも実店舗も贈り物、ペアリング、ご自分へのご褒美的なお買い物が早くから目立ちました。
12月の誕生石のターコイズを使ったものも人気でした。

クリスマス仕様の店内。

ターコイズのリング

 

12月に印象的だったできごと。

1つはお手持ちのメダイチャームをロケットタイプのペンダントに入れて身につけたいというお客様。
メダイについていた金具を外してみるとぴったりとペンダントにおさまりました。
まさにあつらえたようにちょうどの大きさで、びっくりでした。クリスマスらしいお買い物のお手伝いができてこちらも嬉しかったです。ありがとうございました。
ピルケースにぴったりだったメダイ。

ピルケースにぴったりだったメダイ。

もう1つはバングル用に作ってあるプレートをペンダントトップにしてほしいというオーダー。
自分では思いもよらないものでしたが、大きめで見栄えのするペンダントトップになりました。こちらもありがとうございました。
Open work Cosmicのオーダーペンダントトップ。

11月後半~12月のオーダーについては書き溜めていますので、年明けにどんどんアップしていきたいと思っています。

 

2017年も本当にありがとうございました!

みんなでそれぞれに指輪を贈りあったご家族、ご来店が遅くなったことを詫びながらプレゼントを買いに来てくれた若い男性、はにかみながらペアリングをお選びいただいた初々しい恋人たち、折に触れてプレゼントに選んでくださる方、久しぶりにお会いできた懐かしい方…とても書ききれませんが、自分にとってはそれぞれに印象的で忘れがたい方達ばかりでした。
また、実物を見ることなくご注文をいただいているネットショップからのお客様にもいつも感謝しています。

そしてこれはクリスマスに限りませんが自分が作ったものを大切な方への贈り物とか、ご自分への記念のものとして選んでもらえるのは奇跡のようなありがたいことだと常に思っています。
今年も1年、そんな方たちに支えられて毎日を嬉しく、ありがたく、楽しい思いで過ごすことができました。

改めて今年もありがとうございました。そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

シルバームーン彫金工房
代表 大塚 貴

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。 シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す