月に叢雲のペアペンダント


こんにちは、シルバームーン彫金工房の大塚です。

先日、Instagramで見て遠くから時間をかけて来てくれたお客様。ペアでペンダントをお買い上げいただきました。お選びいただいたのは月に叢雲のペンダント。

よくお似合いです(^^)

身につけてみると、店頭に飾ってあるときよりも生き生きとしているように見えました。雰囲気によく似合っていたからでしょうね。

裏側には記念日とイニシャルの刻印も入れて、特別なものになりました。

 

せっかくなので作る過程も

  1. まずはそれぞれのサイズに作った銀の板にバチカンの通る穴をあけておいて、ひし形の刻印を打ちます。まずはベース

  2. そしてそれを磨いておいてから月と唐草モチーフをロウ付けします。月とアラベスクのパーツで飾り付け

  3. 月の部分に手彫りで模様をいれます。細かい作業です

  4. 最後にまた磨いてから燻しがないとさっぱりしていますね

  5. 部分的にいぶしと艶消し加工をして完成します。月に叢雲のペアペンダント、完成

 

こんな風に手仕事での工程をいくつも経る手間のかかるやり方ですが、アクセサリーはそれぞれみんな特別な想いをのせた大切なものになるのだから、それに適うように一つ一つ丁寧に作らなければと思っています。

Sさま達、大切なものとして選んでいただいて、ありがとうございました。永く身につけて楽しんでいただければ幸いです。

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す