家族をつなぐ絆のリングとペンダント


こんばんは、シルバームーン彫金工房の大塚です。

先日ご来店いただいたのは近くの大学に通っている学生のSさん。
その方のご家族5人は今、仕事や学業のために全員バラバラに暮らしているので、家族の絆になるような身につけるものをプレゼントしたいということでした。

それを当店で作りたいと思ったきっかけが、なんと前回このブログに書いた「5年前の特注品」という記事の元になったこのツイート。

当店で作ったものが5年以上も大事にされていたということに感動して、そんなアクセサリーを自分も家族にプレゼントしたいと思ってくださったのです。

そんなSさんの選んだのが、当店の実質的な初めての作品であるダイヤと手彫りのシリーズというのも何かのご縁でしょうか。シンプルで、シルバームーン彫金工房らしさもあるこのシリーズは年齢、男女問わず永く人気を保っています。

ご両親とお祖母様にはリングを、弟さんとご自分にペンダントという形でお作りさせていただきました。
Sさん、大切な想いを込めたプレゼントを作らせてくれてありがとうございました。想いが伝わるように大切に作りました。またSさんからも大切にしますと言っていただけて、とても嬉しく思いました。

前回に続いてお店をやっていて良かったと思える出来事でした。

 

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す