18金の結婚指輪


こんにちは、シルバームーン彫金工房、大塚です。

最近は結婚指輪のオーダーラッシュです。
おめでたいことですし、一生の記念を当店でと言っていただけるのは嬉しい限りです。

さて、今回ご注文頂いたのは当店を気に入って頂いて、ご結婚前から何度もご来店頂いているWさんご夫妻です。
結婚指輪を作るなら当店でということで今回のご注文となりました。とても有難く、感慨深いものがありました。

まずご希望をお聞きしてデザイン画を描きます。
当初はちょっと間をあけつつ全面に手彫りの模様を入れる予定でしたが、やりとりの過程でお見せした彫りのサンプルの模様を一つだけ入れることになりました。
デザイン画 最初のイメージ

そして今回は出来上がりの感じを見るために、一旦サンプルを作って見ていただく形をとりました。デザイン画だけでは細かいニュアンスがわからないことも多いので、形になったものを見ていただくのが確実なんです。
そして、ほぼイメージ通りということで、少し調整して本番の作製にとりかかります。

素材は男性用が18金のホワイトゴールド、女性用が18金のイエローゴールドというご希望でした。
ちょっと珍しいパターンですが、作ってみるとこの組み合わせもとてもいい感じでした。

先ずは用意した地金をリング状に丸めてからロウ付けするのですが、女性用の方の表面の仕上がりをきれいな面にせず、ちょっとデコボコしている様な自然な感じにして欲しいとのこと。 地金を仕入れる場合きれいな板状で来るので、表面をバーナーであぶって半分溶かしてその感じにしました。

まずはもとの地金。 バーナーで炙って表面を荒らした状態
20140425-151541

そしてリングの形を整えてから、手作業でしっかり磨いていきます。
そして磨き終えたリングにマジックで下絵を描いてから、手作業で彫り模様を入れます。
枝と葉のワンポイントが入るとだいぶ印象が変わり、当店らしい風合いが出てきました。
もう少し磨いてから表面つや消しにして完成です。

K18ホワイト 磨きK18イエロー 磨き20140425-151642.jpgk18ホワイト 彫りk18イエロー 彫り

今回は石も入れず、彫りも一つだけというシンプルなものでした。 結婚指輪として永く身に付けるものとしては、とても良いものができたと思います。 また女性用の方のみ自然な仕上がりにしたり、同じ18金でイエローとホワイトと色を変えたりしているのが新鮮で、Wさんご夫妻のセンスを感じさせる個性的なものとなりました。

Wさん、一生の記念になる大切なものを作らせて頂いてありがとうございます。 末長くお幸せに!またぜひお店にもいらして下さい。

20140425-151730.jpg

 

 

 

 

フォロー 大塚 貴:

1967年 東京生まれ神奈川育ち。
シルバームーン彫金工房のオーナーであり、デザインから制作の仕上げまでをすべてひとりで手がける職人でもあります。

コメントを残す